トップ > FOOD > 食料品 > 菓子 > 日本菓子 > 芋菓子|【我が子菓子 善蔵】 黒ごま芋娘 80g *3袋セット 【日本製】

価格絞り込み検索

上代

ネットショップ営業日のお知らせ

2023年1月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

2023年2月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

トップ > FOOD > 食料品 > 菓子 > 日本菓子 > 芋菓子|【我が子菓子 善蔵】 黒ごま芋娘 80g *3袋セット 【日本製】

芋菓子|【我が子菓子 善蔵】 黒ごま芋娘 80g *3袋セット 【日本製】 黒ごま芋娘|TENTOTEN(テントテン)-MARKET

芋菓子|【我が子菓子 善蔵】 黒ごま芋娘 80g *3袋セット 【日本製】

03-210104-00371-01-02-00-00-03

メーカー希望小売価格:
¥960(+税)
※当社サイト販売価格は、
ログイン後に表示されます

出店者:TEN TO TEN-MARKET

JANコード:4995726882312

商品詳細情報

内容量 : 80g
素材・成分
原材料:さつま芋、上白糖、植物油脂(菜種油、パーム油)、ごま、生姜
アレルギー表示(27品目中):ごま
原産国:日本
1個当りメーカー希望小売価格:320円(税抜)
賞味期限:お届け時40日以上
【参考上代価格表示について】商品のパッケージまたは包装に、参考上代が記載してある場合がございます。メーカーによる上代価格の変更後も、在庫状況によっては旧上代価格で表記された商品が混在している場合がございます。ご了承ください。

※ご利用端末のモニターより商品画像と実際の商品のカラーが異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

写真 型番 SKU カラー テイスト 在庫数 数量
黒ごま芋娘 01 ブラック ナチュラル お取り寄せ
×
配送料について
配送料について
北海道 2,000円 青森県 1,200円 岩手県 1,200円
宮城県 1,100円 秋田県 1,200円 山形県 1,100円
福島県 1,100円 茨城県 700円 栃木県 700円
群馬県 700円 埼玉県 700円 千葉県 700円
東京都 700円 神奈川県 700円 新潟県 700円
富山県 700円 石川県 700円 福井県 700円
山梨県 700円 長野県 700円 岐阜県 700円
静岡県 700円 愛知県 700円 三重県 700円
滋賀県 600円 京都府 600円 大阪府 600円
兵庫県 600円 奈良県 600円 和歌山県 600円
鳥取県 650円 島根県 650円 岡山県 650円
広島県 650円 山口県 650円 徳島県 700円
香川県 700円 愛媛県 700円 高知県 700円
福岡県 700円 佐賀県 700円 長崎県 700円
熊本県 700円 大分県 700円 宮崎県 700円
鹿児島県 700円 沖縄県 2,700円
30,000円以上購入で送料無料
宮崎産サツマイモの風味をそのままに、お芋と相性の良いごま入りの蜜をたっぷり手がけ。
パリポリつまめば、手が止まりません。
昔ながらの製法であまり硬すぎずサクサクした食感。
黒ごまの香ばしさが後を引きます。
姉妹品の「しょうが芋娘」「ゆず芋娘」「いよかん芋娘」も食べ比べてみてください。


その銘に込めた想い─。

愛しい我が子に食べさせたい、大好きな人を笑顔にしたい。
「我が子菓子」というちょっと変わった呼び名には、
そんな、一人の親としての想い、お菓子職人としての想いが込められています。


人から人へ、親から子へ。受け継がれるもの。

昭和13年、愛媛県内子町で祖父である宮瀬栄一が卸・小売店として創業、それが「宮栄」のルーツです。
もともとは市販のお菓子も扱う問屋でしたが、ある時、仕入れ先の小さな芋けんぴ工場が廃業すると聞き、
ものづくりが好きだった父は、なんとかこの味を引き継ぎたいと、古い機械と製法を譲り受けたのです。

今思えば、あのときに芋けんぴ屋さんに教えていただいたのは、技術だけではなく、小さなお菓子に込める想い、
そして変わらぬ手づくりへのこだわりでした。
こうして、そのとき既に事業継承の為にUターンしていた私と父と、二人での自社製造がスタートしました。

私が子どもの頃には当たりまえに有ったように、混ざり物の無い昔ながらの安心な菓子を残していきたい。
これからの子供たちにも食べさせたい。父は仕入先の廃業に直面し、そんな思いが強まったようです。

今は引退した父・善三(ぜんぞう)の想いを汲んで、
自社の手づくり菓子に「善蔵(ぜんのくら)」と名付け、その精神を受け継いでおります。


内子の生産者さんが育てた食材を使って

顔が見えるからこそ安心できる。
当社のお菓子作りには地元内子町内の生産者さんたちとの信頼関係が欠かせません。
手塩に掛け、我が子のように大切に育てられた食材を届けていただく生産者さんたちの一途な想いが、
安心・安全で美味しいお菓子『善蔵』に活かされています。
このアイテムを買っている人はこんなアイテムも買っています
日本菓子 ランキング
ページトップへ