トップ > 特集 > 特集一覧 > 特集|2021年9月 > ゆるっとキャンプ2|2021年9月 > ポータブルカップ|【stojo】 BIGGIE 16oz/470ml ストロー付きAW *2022年9月価格改定

価格絞り込み検索

上代

ネットショップ営業日のお知らせ

2023年1月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

2023年2月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

トップ > 特集 > 特集一覧 > 特集|2021年9月 > ゆるっとキャンプ2|2021年9月 > ポータブルカップ|【stojo】 BIGGIE 16oz/470ml ストロー付きAW *2022年9月価格改定

ポータブルカップ|【stojo】 BIGGIE 16oz/470ml ストロー付きAW OAT|TENTOTEN(テントテン)-MARKET

ポータブルカップ|【stojo】 BIGGIE 16oz/470ml ストロー付きAW *2022年9月価格改定

01-110117-00281-02-01-00-00-04

メーカー希望小売価格:
¥2,400(+税)
※当社サイト販売価格は、
ログイン後に表示されます

出店者:TEN TO TEN-MARKET

JANコード:850015408311

商品詳細情報

サイズ:直径10×高さ13.8cm(折り畳み時高さ5.6cm)
容量:470ml
重量:約210g
素材・成分
シリコン、ポリプロピレン
(FDA/LFGB認証/BPAフリー/鉛フリー)
原産国:中国
◆飲み物を入れた状態で強く振ったりしないでください。構造上、フタの噛み合わせ部分から漏れてしまうことがございます。
◆熱い飲み物を入れたとき、シリコーンカップは非常に高温になっています。火傷には十分にご注意ください。
◆飲み物を入れた状態でカップを折り畳んだり潰したりしないでください。
◆飲み物を入れたまま本製品をバッグ等に入れないでください。
◆電子レンジを利用の際は、フタ・ジョイント・保護スリーブは外し、シリコーンカップのみの状態でお使いください。取り出す際は、火傷にご注意ください。【参考上代価格表示について】商品のパッケージまたは包装に、参考上代が記載してある場合がございます。メーカーによる上代価格の変更後も、在庫状況によっては旧上代価格で表記された商品が混在している場合がございます。ご了承ください。

※ご利用端末のモニターより商品画像と実際の商品のカラーが異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

写真 型番 SKU カラー テイスト 在庫数 数量
MOSS 01 グリーン カジュアル ◎在庫あり
OAT 02 ホワイト カジュアル △在庫わずか
×
配送料について
配送料について
北海道 2,000円 青森県 1,200円 岩手県 1,200円
宮城県 1,100円 秋田県 1,200円 山形県 1,100円
福島県 1,100円 茨城県 700円 栃木県 700円
群馬県 700円 埼玉県 700円 千葉県 700円
東京都 700円 神奈川県 700円 新潟県 700円
富山県 700円 石川県 700円 福井県 700円
山梨県 700円 長野県 700円 岐阜県 700円
静岡県 700円 愛知県 700円 三重県 700円
滋賀県 600円 京都府 600円 大阪府 600円
兵庫県 600円 奈良県 600円 和歌山県 600円
鳥取県 650円 島根県 650円 岡山県 650円
広島県 650円 山口県 650円 徳島県 700円
香川県 700円 愛媛県 700円 高知県 700円
福岡県 700円 佐賀県 700円 長崎県 700円
熊本県 700円 大分県 700円 宮崎県 700円
鹿児島県 700円 沖縄県 2,700円
30,000円以上購入で送料無料
stojo(ストージョ)とは、英単語 stow(場所・容器にしまい込む)と、スラングのJOE(コーヒー)を組み合わせた造語です。
その名のとおり、コーヒーを飲んだ後にカップをクシャッと折り畳んで、バッグにしまって持ち運べます。

「マイタンブラーやマイカップを普段使用しているけど、持ち運びの際に邪魔で…」という方にはピッタリです!
また割れる心配もなく、折り畳めて持ち運べるので、キャンプやピクニック等のアウトドアシーンやスポーツシーンでも大活躍です!

【stojo】
2014年にニューヨークで立ち上げられたブランドです。
ブランド創設者のジュリアンは、ニューヨークに引っ越した際に、大量に捨てられているコーヒーカップのゴミの山を見て、こう思いました。
「自分の子供達に誇れる何かをしたい!水が奇麗で、空気が美味しくて、ごみが落ちていない道路があった時代を取り戻したい!」
そして、コンパクトに折り畳めて何度でも使用できるコーヒーカップを思いついたのです。
毎年約5000億個の、一度限りの使い捨てカップが、焼却処分または埋立られています。
これらの使い捨てカップのほとんどがリサイクルされていない事実 を、知っている人は多くないでしょう。
環境に優しく、邪魔にならず、漏れずに気軽に持ち運べるマイカップを、手にしてみませんか?
このアイテムを買っている人はこんなアイテムも買っています
ゆるっとキャンプ2|2021年9月 ランキング
ページトップへ